読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こもれび相談室 staff BLOG

こもれび相談室は、悩みや疎外感、孤立感を抱えた方が気軽に相談できる相談窓口です。

吉田沙保里選手の講演会に行ってきました

平成29年1月18日、ウェスティンホテルで行われた吉田沙保里選手と栄和人監督の講演会に行ってきました。

なんと、1000人以上の方が詰めかけて、会場は大盛況👏

 f:id:komorebisodan:20170202110524j:plain

 

最初に、平成28年8月28日に放映された吉田沙保里選手を特集した「情熱大陸」が流れました。番組では、リオオリンピック前後の200日間の吉田選手に密着。

 

 

番組冒頭、リオオリンピックの決勝戦で敗れてマットに伏せて号泣する吉田選手の姿が・・・

千代の富士親方など、多くの方と金メダルをとると約束していたのに、その約束を果たせなくてごめんなさいという気持ちだったと、あとで涙の理由を説明していました。

 

でも、リオではレスリングの後輩たちが4つも金メダルを獲得するという快進撃

f:id:komorebisodan:20170202112442j:plain

 

リオで同室だった登坂選手は、自分が泣いていたら喜べないからとすぐに気持ちを切り替えて気丈にふるまっていた吉田選手の気遣いに感謝していました。

 

 

印象的だったのは、「やっぱり金メダルを獲った人を見ると金はいいなと思います。でも、その後ろには銀とか銅とか、それ以外の入賞者がいて、その人達のことって勝った時はあまり考えたことがなかったので。戦える人がいるから順位も付くし競い合える。負けた気持ちが本当によくわかった大会。よいオリンピックでした。出てよかったです。」と淡々と語った吉田選手の姿でした。

 

そして、満を持して、吉田沙保里選手と栄和人監督が登場。

講演会は、司会の方が進行するトークセッションの形で行われました。

試合に負けても、すぐ気持ちの切り替えができるという吉田選手。

対照的に、栄監督は、1983年、全日本選手権で初優勝したもかかわらず、ロサンゼルスオリンピックの国内予選で敗退し、代表に選ばれなかったとき、2か月間引きこもったという話をしていました。

栄監督が引きこもりから脱出するきっかけになったのは、2カ月ぶりに実家にかけた1本の電話だったとか。

試合に負けてから2カ月間音信不通の息子を心配するご両親の思いにふと気が付いた監督だったのでした。

 

吉田選手の最大の挫折は、2008年のワールドカップ団体戦で、それまで公式戦119連勝だったのに判定負けしたときだったそうです。

完全に自信を失った吉田選手に立ち直りのきっかけを与えてくれたのは、

「これまであなたに負けた人たちも、同じように悔しい思いをしてきたのよ。」

というお母さんの言葉。

それから、吉田選手は、その悔しさを忘れずに、栄監督と徹底的に練習を行い、みごと、半年後の北京オリンピックで金メダルを獲得したのです。

失敗はプラスになる。負けたこともプラスになるという吉田選手の言葉は、そんな挫折を乗り越えて勝利を勝ち取っただけに、強く心に響きました。

 

「僕のタックルを受けてください!」という小学生の男の子の希望にも快く応じてくれた吉田選手。

最後に今まで獲得した金メダルを披露🏅してださって、終始笑いのたえないなごやかな会でした。

 

 f:id:komorebisodan:20170202111238j:plain